Nintendo Switch Proコントローラーをすぐ買うべき2つの理由

皆さんは任天堂スイッチ遊んでるだろうか?

先日のE3で様々なゲームタイトルが発表されて、

物欲がピークに達している筆者です。

 

 

今回はそんなスイッチライフをさらに充実させる周辺機器、

Proコントローラー、通称「プロコン」を買うべき2つの理由を発表します。

Nintendo Switch Proコントローラー

 

1 高い操作性とフィット感

Joy-Conが悪いコントローラーだといいたいわけではないが、

それでもプロコンの完成度は高い

画像を見てもらうとわかるが単純にボタンが大きく押しやすい。

スクリーンショットやホームボタンも中央に位置しており、

とっさの撮影チャンスも逃さない。

またアナログスティックの滑らかさが違う。

 

f:id:JPN_Koala:20170620012238j:plain

 

さらに実際にJoy-Conを触るとわかるのだが、

右のアナログスティックの位置がボタンの真下にあり、

操作する親指が少し窮屈になる。

プロコンは横に大きく余裕があるため、アナログスティックの操作も容易である。

 

f:id:JPN_Koala:20170620012336j:plain

f:id:JPN_Koala:20170620012317j:plain

 

PS4や従来のコントローラーに慣れている自分にとって、

この操作性の違いは非常に重要である。

もちろんジャイロにも対応しているため、

スプラトゥーンへの準備としてもおすすめできる。

 

 

2 電池の持ちがいい

Joy-Conの電池容量が525mAhであるのに対して、

プロコンの電池容量は1300mAhと二倍以上の差がある。

実際に利用してみるとわかるのだが、

ゼルダBoWなどをTVモードで使用していると、

そのプレイ時間の長さからあっという間にバッテリーがなくなってしまう。

そのたびにTVモードを中断して、携帯モードで遊ぶ、というパターンが非常に多い。

 

しかし、プロコンにはこういったケースがほとんどない。

上でも述べたとおり二倍以上の電池容量があるため、

余裕を持って長時間プレイ可能である。

さらにUSB接続すれば、TVモードで充電しながら楽しめる。

これはJoy-conにはない大きな利点であるといえる。

 

(一応充電グリップを買えばJoy-conでも、

 TVモードで充電しながら遊べる)

Joy-Con充電グリップ

 

 

 

まとめ

以上のようにプロコンはあなたのスイッチライフを充実させる、

すばらしいアイテムのひとつである。

 

しかし、Joy-Conも決して悪いコントローラーではない。

一組購入すればとっさのときに「おすそ分け」が可能であること。

モーションIRカメラが搭載されていること。

独立した状態で遊べること。

これらはプロコンにはない機能である。

 

スイッチで新しいコントローラーの購入に迷ったときに、

少しでも参考になると幸いだ。